Jリートは90%以上配当だから、高い利回りが期待できます

投資法人は複数の物件に投資をしているため分散投資となります

「投資法人は利益の90%以上配当」、だからリートは高配当です

リート(Real Estate Investment Trustを翻訳すると不動産投資信託、さらに略してREIT)は米国で1960年に誕生した金融商品です。日本も2001年に2銘柄からスタートしました。米国にならって「日本版REIT」や「J-REIT」と呼ばれています。

基本スキームは、「投資法人が、投資家から資金を集めて、不動産で運用(株や債券の投資信託との違い)して、そこで得た収益を配当金として投資家に分配します。

細かく言えば、Jリートは会社型と契約型が2つがあります。簡単にいえば、会社型は投資法人が東証に上場していて私たち個人投資家が買えるリート。契約型は信託銀行(の信託勘定を利用したリート)の窓口で買うリートとイメージすればいいでしょう。

覚えておくのは会社型の特徴で、「配当可能利益の90%以上を投資家に配当する等」を満たすことで法人税が実質非課税扱いとなっていること。つまり90%以上配当しないといけないので結果的に高い配当額になり、リート投資家にとってメリットが大きいことです。

リートで小額から不動産投資、分散投資にもなる

大きな流れでは、リートは「不動産の証券化」の流れからできた商品です。不動産と言えば、「投資金額が大きかったり、いつでも売買できなかったり、長期投資になる」など投資として扱いにくい面があります。個人でビルやマンションのオーナーになることが難しいことをイメージすればいいですね。

しかしリートのように小口に分けることで、個人投資家も数十万円から不動産投資に参加が可能になります。もちろん投資法人も資金調達を多様にすることができるなど、お互いにとってメリットが大きくなっています。

個人投資家にとってのメリットは他にもあります。1つはインフレに強いこと、インフレの時は不動産は投資の基本ですね。2つは分散投資になる事。これは預金や株、債券、為替と異なる投資先による分散投資になるだけではありません。

リート銘柄自体、1つの不動産からの収益でなく、何十という不動産からの収益となるため、不動産の中で分散投資となるのです。